catch-img

高校を転校したいときに必要な手続きや修得単位の扱い方を解説

記事を読むのにかかる時間 3分


通っている高校が自分に合っていない気がする

将来を考えて高校を転校したい

このように感じた時、どんな手続きが必要になるのでしょうか。

高校を転校したいと思っても、いざ転校するとなれば手続きが必要ですし、「新しい学校でやっていけるのか」「転校することで今後の人生に影響がないか」と不安を感じることもあるでしょう。

 入学広報 谷本

私自身、全日制高校から通信制高校への転校を考えたときに不安に思いました。しかし、社会人になった今、通信制高校で学べたことがたくさんあったと感じています。

この記事では実際に通信制高校へ転校した入学広報の谷本が、転校に必要な手続きや単位の扱い方を紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.高校を転校したい人に必要な条件
    1. 1.1.県外の高校に転校すること
    2. 1.2.転校先の学校に欠員が出ていること
    3. 1.3.転入試験に合格すること
  2. 2.高校の転校に必要な6つの手続き
    1. 2.1.通っている学校への問い合わせ
    2. 2.2.転校先への問い合わせ
    3. 2.3.転校に必要な書類をそろえる  
    4. 2.4.転校を希望する高校に出願
    5. 2.5.転入試験を受ける   
    6. 2.6.合格後に入学手続きを行う
  3. 3.転校する場合│単位引き継ぎ 4つのポイント
    1. 3.1.単位とは
    2. 3.2.ポイント1. 年度末まで単位は習得できない
    3. 3.3.ポイント2. 転校前に修得単位を把握
    4. 3.4.ポイント3. 転校先の年間修得単位数の上限を把握
    5. 3.5.ポイント4. 卒業までに必要な単位数を計算する
  4. 4.まとめ:高校の転校は事前準備が大切

高校を転校したい人に必要な条件

「高校を転校したい」と思っても、一度入った高校はすぐに変えられません。高校の転校にはいくつかの条件があります。ここで具体的に見ていきましょう。

高校を転校したい人に必要な条件

県外の高校に転校すること

公立の全日制高校に転校したい場合、県外への引っ越しなど、止むを得ない理由があることが求められます。

引っ越しの場合は、転居先の教育委員会に問い合わせることで、転校生を受け入れている高校を教えてもらえます。

引っ越し以外の理由で転校を検討している場合、まずは今の学校に相談してみましょう。

転校先の学校に欠員が出ていること

公立の全日制高校に転校したい場合、志望高校に欠員募集が出ている必要があります。

欠員募集は全ての学校が行っているわけではありませんが、時期やタイミングによって欠員募集を出す学校はあります。

欠員募集は、学期開始の約1ヶ月前に始まります。

たとえば、1学期の欠員募集は3月頃に発表され、そこから願書の受付や転入試験が1ヶ月以内に実施されます。

1学期が始まる4月から学校に通える状態にはなりますが、欠員状況が分かってから転入までの1ヶ月間は忙しくなるでしょう。

転入試験に合格すること

志望校が欠員募集を行っていたとしても、転入試験で合格しない限りは転校できません。

学校によって転入試験の科目・内容は変わりますが、国語、数学、英語など基本科目の実施傾向が高いです。

他には面接や作文試験などが実施されることもあり、志望校の試験内容に合わせて事前に試験勉強を行う必要があります。

高校の転校に必要な6つの手続き

高校の転校条件がそろい、転校を決めたら次は学校をやめるための手続きです。

手続きには学校とのやり取りが必要になるので、難しく感じることもありますよね。

しかし、手続きは転校するために避けては通れない道なので、この機会にどんな流れで転校手続きを進めるのかをチェックしておきましょう。

高校の転校に必要な6つの手続き

通っている学校への問い合わせ

まずは、通っている高校の担任の先生に転校について伝える必要があります。このときに必ず確認してほしいのが、出席日数が足りているかどうかです。

転校は今通っている学校で修得した単位を新しい学校に引き継ぐ方法なので、出席日数が足りないと単位認定を受けられず、転校も認められないのです。

ちなみに私が転校の話を担任の先生にしたときは、出席日数の確認と今通っている学校を辞める理由について話す時間を設けてもらいました。

転校を考えている人の中には、今の学校を続けられる方法があるならその道を選択したい人もいるでしょう。その場合、先生に相談することで、解決策が見つかるかもしれません。

通っている学校に転校したいことを伝えると、学校側が転学照会状を準備してくれます。

既に志望する転校先が決まっている場合は学校に伝えておくことで、学校側が転学照会状を志望校に提出してくれることもあるのです。

転校先への問い合わせ

すでに転校したい学校が決まっている場合、その学校に問い合わせをしましょう。

全日制高校を志望するなら、直接電話をして欠員状況を伺うことがおすすめです。

通信制高校を志望するなら、学校の公式サイトなどに転入の問い合わせができるページが設けられていることも多く、サイト経由での相談もできるでしょう。

問い合わせの際は、転校に必要な書類を尋ねておくと、この後の流れがスムーズに進みますよ。

転校に必要な書類をそろえる  

 転校希望の高校と連絡が取れたら、転校に必要な書類をそろえる必要があります。

必要書類は転校先によって違うので、事前に必ず問い合わせをしましょう。

check転校に必要な書類の例

  • 成績証明書
  • 単位取得証明書
  • 学籍・就学状況証明書
  • 転学照会状

転校を希望する高校に出願

転校に必要な書類がそろったら、転校希望の高校に出願しましょう。出願書類は各高校によって違いますが、事前に準備を行う必要があります。

check主な出願書類

  • 願書
  • 入学検定料(平均:10,000円~20,000円程度)
  • 履歴書サイズの写真

出願方法は郵送か手渡しのどちらかになるでしょう。

転入試験を受ける   

公立の全日制高校や私立高校に転校する場合、転入試験を受けることになるでしょう。

私は私立の通信制高校に転校したので筆記試験がありませんでしたが、面接と出願の際の作文が転入試験となっていました。

また、面接は保護者の同席が必要だったので、母親と一緒に出願書類を提出し、そのまま面接を受けて帰りました。

学校によって試験内容・実施方法は違うので、事前に調べることが大切です。

合格後に入学手続きを行う

転入試験から合否発表までの期間は学校によって違います。私の通っていた通信制高校の場合、試験後3日以内に通知書を発送していました。

合格したら、最後の手続きとして入学手続きを行う必要があります。元の学校で準備してもらった書類の提出や、入学金の納入などを行い、全ての手続きが完了です。

転校する場合│単位引き継ぎ 4つのポイント

高校を転校する場合、何よりも覚えておく必要があるのが単位の引継ぎです。ここでは、単位を引き継ぐポイントを紹介するので、ぜひチェックしてください。

転校する場合│単位引き継ぐ 4つのポイント

単位とは

ポイントを紹介する前に、まずは単位について理解しておきましょう。

単位とは科目ごとに決められた学習量のことです。高校を卒業するには、3年間で74単位の修得が必要とされています。

各教科が何単位修得できるかを知りたい場合は、週の授業回数を確認してみましょう。週の授業回数が年間で修得できる単位数です。

また、単位修得には授業の出席と試験の合格が必要です。単位修得のために必要な授業日数は、全授業日数の1/3回です。

たとえば、週に4回生物の授業がある場合、年間のおおよその授業数である35週と、1週間の授業回数である4回をかけると、年間で140回授業があることが分かります。

そのうちの1/3の出席が必要となると、47回生物の授業を休んだ場合、単位の認定はされません。

ただし、1単位落としたからと言って留年になる可能性は低いので、心配な場合は学校の先生に聞いてみることをおすすめします。

ポイント1. 年度末まで単位は習得できない

高校に通っていると学期末などにテストが行われるので、そのテスト結果で単位が修得できていると勘違いしてしまう人もいるようです。

しかし、全日制高校の場合、単位が修得できるのは年度末と決まっています。3月31日までその学校に在籍していないとその年の単位は修得できないのです。

つまり、高校を途中で辞めてしまうと、全日制の高校に通っている場合、単位の修得はゼロになってしまいます。

ポイント2. 転校前に修得単位を把握

高校を転校したい場合は、今、修得している単位数を把握しておく必要があります。

修得している単位数に関しては、今通っている学校の担任の先生に聞くことが手っ取り早いですよ。

ポイント3. 転校先の年間修得単位数の上限を把握

1年間に修得できる単位数は高校によって違いがあります。

全日制高校であれば25〜30単位であることが多く、通信制高校のなかには40単位近く修得できる学校もあるのです。

修得できる単位の上限数を把握しておかないと、「転校先選びを間違ってしまった」と後悔する可能性があるので注意しましょう。

ポイント4. 卒業までに必要な単位数を計算する

修得単位上限数の把握が大事なのは、高校卒業に必要な単位数が74単位以上と決められているからです。

たとえば、全日制高校で30単位修得し、2年次に通信制高校に転校。2年生の1年間でまた30単位を修得した場合、3年次に修得が必要な単位数は14単位です。

通信制高校に通っているのであれば、14単位修得できた時点で学校に行かなくても卒業できる可能性もあります。

check単位数計算のポイント

  • 自分が今、何単位修得しているのか
  • 転校先では1年間に最大何単位修得できるのか
  • どのぐらいの時期に74単位を修得できるのか

上記3点を把握しておくことは卒業するうえで大切です。

私が通っていた通信制高校は年間で最大36単位の修得ができました。

そのため、転校した2年次に単位修得に力を入れ、3年生の2学期からはほとんど学校に行かず、早めに実質卒業の形を選択できました。

ただし、全日制高校に転校する場合は単位を修得できるのは年度末です。そのため、途中で学校に行かない選択はできないことを覚えておきましょう。

まとめ:高校の転校は事前準備が大切

高校を転校したい場合、手続き方法や引継ぎになる単位について知っておくことはとても大切です。

転校先の学校を調べるなどの事前準備を怠らないことこそ、自分が納得して通える転校先を選べる第一歩になるでしょう。

高校の転校には不安が伴うと思いますが、私自身、元々いた学校にサポートをしてもらいながら転校の手続きを進めることができました。

まずは両親や学校に相談をして、自分に合った学校を選択してくださいね。

(デザイン:山本 香織)

「もしサイルに転校したら」を読む


この記事を書いた人
谷本さん

谷本 千尋/Tanimoto Chihiro

サイルビジネス学院高等部 入学広報担当

全日制の私立高校から通信制高校に転入した経験を活かし、入学前の生徒や保護者へ、通信制高校の仕組みや魅力などをわかりやすく伝えている。通信制高校に通っていた時はアルバイトをしながら好きなバンドのツアーに合わせて日本中を旅していた。

関連記事