catch-img

通信制高校の編入の条件は?転入との違いや手続きも解説

記事を読むのにかかる時間 3分


全日制高校を辞めて通信制高校で高校を卒業したい

このようにお考えでしょうか。

通信制高校に転入・編入するにはいくつかの条件を満たし、適切な手続きを行う必要があります。

また「転入」と「編入」の違いがはっきりと分かっていない方も少なくありません。それぞれで入学の条件や仕組みが違うので「自分が取れる選択肢はどちらか」を正しく理解しましょう。

 学院長 松下

本記事では、通信制高校における転入・編入の違いや、必要な手続きなどをサイルビジネス学院 学院長の松下が紹介します。

また、通信制高校の選択に不安を覚える方に向けて、通信制高校の魅力も紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.「転入」と「編入」 の違い
    1. 1.1.転入=中退せずに他の高校に入学すること
    2. 1.2.編入=中退後、別の学校に入学すること
  2. 2.通信制高校への転入・編入|共通点・異なる点
    1. 2.1.単位の引き継ぎは共通
    2. 2.2.入学時期が異なる
    3. 2.3.卒業までの期間が異なる
  3. 3.通信制高校へ転入・編入する3つの条件
    1. 3.1.15歳以上で中学校を卒業している、卒業同等の学力がある
    2. 3.2.住所が高校の定める都道府県にある
    3. 3.3.高校卒業済みではない
  4. 4.通信制高校へ転入・編入する際の3ステップ
    1. 4.1.ステップ1.  出願
    2. 4.2.ステップ2. 書類審査・入学試験
    3. 4.3.ステップ3. 入学手続き
  5. 5.通信制高校 4つの魅力~不安があっても大丈夫~
    1. 5.1.魅力1. 自分のペースで勉強できる
    2. 5.2.魅力2. 登校日が少ないので安心
    3. 5.3.魅力3. 心身に負担をかけず勉学に励みやすい
    4. 5.4.魅力4. 仕事と勉強を両立しやすい
  6. 6.まとめ

「転入」と「編入」 の違い

一度入学した高校から別の高校に所属を変える場合は「転入」もしくは「編入」の手続きが必要です。

これらには明確な違いがあり、高校を変える際の時期や仕組みも異なります。ここではそれぞれの違いを詳しくご紹介します。

通信制高校 転入・編入の共通点

転入=中退せずに他の高校に入学すること

転入とは、在籍している高校を中退せずに別の高校に入学することです。

次の高校に移るまでに空白期間がありません。公立と私立で転入時期が異なるため、希望の転入先の情報を確認しましょう。

check通信制高校への転入時期

  • 公立高校:各学期の最初など、転入時期の制限がある場合も多い
  • 私立高校:転入時期の制限がない場合が多い

編入=中退後、別の学校に入学すること

編入とは、高校を中退後、別の学校に入学することです。

転入とは異なり、どこの学校にも所属しない期間があることが特徴です。また、公立・私立ともに入学時期に制限を設けている場合が多いですが、詳しい仕組みは以下のように異なります。

check公立・私立の編入時期の違い

  • 公立高校:年1回(一学期開始時)の場合が多い
  • 私立高校:年複数回の編入時期を設けている場合が多い

通信制高校への転入・編入|共通点・異なる点

同級生と同じ年度に卒業できるだろうか

最速で、いつ転入・編入できるのだろうか

通信制高校への転入・編入を考える方の多くが、このような疑問を持っています。

気をつけたいのは、転入と編入で卒業時期や入学時期は異なるということです。一方で、単位の扱いなどは共通しています。

こちらでは、転入・編入の共通点・異なる点を3つご紹介します。

単位の引き継ぎは共通

以前に所属していた学校の単位は、転入・編入のどちらでも引き継がれます。全日制高校で修得した単位を引き継げるため、学んだ内容は無駄になりません。

ただし、学年の途中で転入・編入する場合は、前の学年分の単位しか引き継げない可能性があります。全日制高校の多くは、単位認定が年度末に行われるからです。

通信制高校 編入 単位 学年末に確定

修得単位が不安な場合は、一人で悩まずに学校に相談してみましょう。

入学時期が異なる

私立の通信制高校への転入では、随時(いつでも)手続きが可能な場合が多いです。一方、公立高校への転入は各学期の開始時など、一定の制限があります。

他方、編入は転入よりも制限が強い傾向にあります。公立の場合は年1回(一学期開始時)、私立でも年1回から4回の編入時期が定められていることが多いため注意が必要です。

具体的な入学時期は、各通信制高校で異なるため、希望の高校の学校資料やHPを見るか、学校に問い合わせましょう。

転入・編入の入学時期
転入
公立
各学期の開始時が多い
私立
月初めや随時入学の場合が多い
編入
公立
年1回(一学期開始時)の場合が多い
私立
年に1〜4回など、複数時期の場合が多い

卒業までの期間が異なる

check転入と編入の卒業までに要する時間の違い

  • 転入:空白期間がないため同年代と一緒に卒業しやすい
  • 編入:空白期間があるため同年代と一緒に卒業できない場合もある

転入と編入では、引き継げる単位が同じでも、編入の方が卒業までの期間を要する場合が多いです。

編入は入学時期の関係から空白期間が生まれ、その結果として単位の修得に使える時間が少なくなるためです。

そのため「同年代と一緒に卒業がしたい」という方は、学校を中退せず転入するのがおすすめです。

通信制高校へ転入・編入する3つの条件

通信制高校への転入・編入は自由に行えるわけではありません。主に3つの条件があるため、必ず事前に確認しましょう。

15歳以上で中学校を卒業している、卒業同等の学力がある

通信制高校へ転入・編入する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 中学校を卒業している。もしくは、中学卒業と同等の学力があると認められる
  • 入学時の年齢が満15歳以上である

全日制高校に通っている方なら、この条件は問題ないでしょう。

なお通信制高校への入学には、年齢上限がありません。実際に20代以上で通信制高校に通っている方もいます。

住所が高校の定める都道府県にある

通信制高校の中には、入学者の居住地に制限を設けるケースがあります。

特に公立の通信制高校では、都道府県内に住所・勤務地があることが条件である場合が多いです。

一方で、私立の通信制高校は全国どの地域からでも転入・編入できる場合もあります。

check募集地域は広域通信制・狭域通信制で異なる

  • 広域通信制:全国、または3つ以上の都道府県から生徒を募集している
  • 狭域通信制:特定の地域に限定して生徒を募集している

高校卒業済みではない

転入・編入前の高校の在籍状況によって、各人が取れる選択肢が異なります。

上記の通り、高校在学中の場合は転入、高校中退済みの場合は編入となります。

「高校は卒業しているけれど通信制高校で学び直したい」という方もいますが、一度他の高校を卒業している場合は通信制高校への入学ができないため注意が必要です。

check転入・編入前の在籍状況による選択肢

  • 高校に在籍中 → 転入
  • 高校を退学済 → 編入
  • 高校を卒業済 → 入学不可能

通信制高校へ転入・編入する際の3ステップ

ここまでの内容で転入・編入のどちらを選ぶのか検討がついたでしょうか。

次に、全日制高校から通信制高校へ転入・編入する際の具体的な流れを3つのステップでご紹介します。

通信制高校へ転入・編入する際の3ステップ

ステップ1.  出願

転入・編入先の通信制高校が決まったら出願の手続きを行います。

希望する高校から願書を取り寄せ、必要書類をそろえましょう。必要書類は転入と編入で異なるため注意が必要です。

check転入・編入の際に提出する主な必要書類

  1. 入学願書
  2. 成績証明書
  3. 単位修得証明書
  4. 在籍証明書
  5. 受験料の振込証明書
  6. 転学照会書(転入の場合)
  7. 作文・課題など(学校ごとに異なる)

2〜4の書類は、在籍校で発行してもらいます。発行までに1〜2週間ほど必要な場合があるので、ゆとりを持って発行依頼をしましょう。

必要書類がそろったら、出願する通信制高校に郵送します。

ステップ2. 書類審査・入学試験

通信制高校へ転入・編入する際は、書類審査や入学試験が行われます。試験の内容は各学校によっても異なりますが、主に以下の方法で合格・不合格が決定します。

check審査方法の例

  • 書類審査
  • 面接試験
  • 作文・課題の提出
  • 筆記試験(主に公立高校)

合格・不合格の判定は、試験から1週間程度で通知されます。

ステップ3. 入学手続き

書類審査や入学試験を終えたら、入学手続きを行います。転入・編入をする学校にもよりますが、主な手続きには以下のようなものがあります。

check通信制高校への主な入学手続き

  • 入学金・学費の納入
  • 契約書・同意書の提出

適切な入学手続きを取らずに放置していると、合格が取消しになる恐れがあるため注意が必要です。

通信制高校 4つの魅力~不安があっても大丈夫~

中には通信制高校への転入・編入に不安を覚える方もいるでしょう。

しかし、不安に思う必要はありません。通信制高校では様々な不安を解決しやすい環境が整っているためです。

ここでは、通信制高校の魅力に触れながら、転入・編入を不安に思う必要がない理由を解説します。

通信制高校に編入する4つの魅力

魅力1. 自分のペースで勉強できる

学力に不安を覚える方であっても、通信制高校で確実に卒業を目指せます。

通信制高校は学習を自分のペースで行えるため、一人取り残される心配はありません。

苦手な分野をゆっくりと進めるような学習も可能なので、卒業に必要な単位を着実に修得できるでしょう。

また個別サポートといった、学習に関する支援が充実している通信制高校もあるため、入学後の学習に不安を覚える場合は活用することがおすすめです。

「勉強は、自分でペースを決められるので日によって調整」しているという生徒事例

魅力2. 登校日が少ないので安心

生活リズムや人間関係の観点から全日制高校に適応できなかった方も、通信制高校なら不安なく卒業を目指すことができます。

具体的な日数は学校によっても異なりますが、通信制高校の登校日は全日制と比較して日数が少ないです。中には年10日以内といった学校も存在します。

そのため、人間関係に対するストレスが溜まりにくく、少しずつ人との関係に慣れていけるでしょう。

また、通信制高校では自身のスケジュールで学習を進めることができるため、生活リズムが合わなかった方でも安心です。

ただし、生活リズムが乱れすぎるとスクーリングが難しくなってしまう恐れがあるため注意しましょう。

魅力3. 心身に負担をかけず勉学に励みやすい

心身の不安があって全日制に毎日通うことが難しい方も、通信制高校への転入・編入がおすすめです。

通信制高校は全日制高校と比較して登校日が少ないため、心身に負担をかけず勉学に励みやすい環境だからです。

また、通信制高校では、3年間ではなく4〜5年間かけて卒業が目指せるので、自分のペースで勉強を進められます。

「勉強は好きなのに授業は苦手。」通信入学後に気持ちや行動も前向きになった生徒事例

魅力4. 仕事と勉強を両立しやすい

通信制の中には、スクーリングを土日や短期集中で行う高校も多いです。

そのため、経済的事情で働かないといけない方であっても、仕事と勉強を両立しやすい環境となっています。

仕事に与える影響を抑えながら高校卒業を目指せる点も魅力と言えます。

まとめ

全日制高校を辞めて通信制高校で卒業を目指したい方は、自分が取れる選択が「転入」か「編入」かを確認しましょう。

通信制高校は、全日制高校で持っていた不安や悩みを払拭しやすい環境となっています。

高校の転入・編入は人生に影響する大きな決断ですが、より良い判断と思えるのなら勇気を出して環境を変えてみてはいかがでしょうか。

(デザイン:山本 香織)

「もしサイルに転校したら」を読む

この記事を書いた人

松下 雅征/Matsushita Masayuki

サイルビジネス学院高等部 学院長

東京都出身。早稲田実業学校高等部を主席卒業後、早稲田大学政治経済学部へ入学。在学中に受験相談サービスを立ち上げ、累計3万人以上の高校生に大学生との相談機会を提供。卒業後は教育系上場企業に入社。新規事業のマーケティング部門立ち上げを担当。2020年、コンサルティング会社の才流に入社。経営強化や新規事業開発を担当。2022年、同社の子会社として株式会社サイルビジネス学院を設立し、代表取締役に就任。高校生からのビジネス入門学校「サイルビジネス学院高等部」の経営に従事。
@msykmatsushita

関連記事