catch-img

「ビジネスで社会に変化を起こす」Aさん/サイル1期生入学後インタビュー

記事を読むのにかかる時間 3分


サイルビジネス学院高等部は、2022年の4月に開校したオンラインの学校です。

どんな人が入学し、どんな学校生活を送っているのでしょうか。1期生に、サイルのいいところや1日のスケジュールなど、リアルな様子を聞きました。

この記事でご紹介するのは、高知県在住のAさんです。県立の国際高校に通っていたAさんは、2年生に上がるタイミングでサイルへの転入を決めました。

外国人の父を持つことで幼少期に差別をうけたAさんは、自身の体験から、人権やフェミニズム、社会問題に強い関心を持つようになったといいます。大好きなファッションの領域で、環境負荷のないビジネスを行うために、日々学んでいるそうです。

サイルのいいところや、これからやりたいことについて話を聞きました。

サイル 1期生

なぜ、サイルを選んだのですか?

サイル1期生インタビュー サイル1期生 Aさん

ファッションやコスメが大好きなので、その領域で起業したいと考えています。ビジネスを専門的に学ぶために、サイルを選びました。

私はファッションやメイクのことを考えるのが好きで、小さいころからお人形のコーディネートをしたり、自分の洋服を組み合わせたりして遊んでいました。

でも小学校3年生のときに、新聞を読んでショックを受けたんです。自分が大好きなファッションやコスメが、地球環境に負荷をかけていたことがわかったからです。

それからは、無駄な洋服を買わないようにしました。コスメも動物実験をしていないものを選ぶようにして、自分なりに努力をしようと思いました。

ところが、中学3年生で『ザ・グリーンライ  エコの嘘』という映画を見て、再び衝撃を受けたのです。自分が地球環境にいい、エコだと信じていたものは、実はそうではなかったんです。

本当に正しいことを知りたいし、その中で自分に何ができるかを考えたい。そう思ってたどり着いた答えが、起業でした。

ただ、サイルの前に通っていた高校はすごく楽しかったし、居心地が良かったので、転校は迷いました。「この決断が本当に良いのか?」「失敗したらどうしよう」と何度も考えてしまって。

そんなときに、インスタとドラマで、2つの言葉を見つけたんです。

「朝起きたときに、そのまま夢を見続けるか。それとも夢を追いかけるか」

「人生には無難な道と、怖いと思う道がある。たいていは、怖いと思う道のほうに答えがある」

そんな内容です。転校をしなくても、できることはあったと思います。でも、もっとビジネスの勉強をする時間が欲しいし、もっと大きな変化を起こせる人でありたい。

そう思って、決断しました。

サイル生の活動

▲Aさんが転校前に作成した作文。自ら高知県が行う支援プロジェクトにも参加し、「女性にとって生理は隠すべきことでも、恥ずかしいことでない」と訴えている

サイルの学校生活、いいところは?

サイル1期生インタビュー サイル1期生 Aさん

一番楽しいのは、授業内のディスカッションです。みんなと考えを共有したり、自分の考えを表現し、人に伝えられるのはいいですね。

授業以外でも、脳内スペースと呼ばれる場所があって。授業の振り返りや、自分の気持ち、趣味のことなどをみんなが書き込んでいるんです。自分のことを表現できる場がたくさん用意されている環境なので、安心して発言できます。

あとは全日制の学校だと、毎日の勉強に追われてなかなか時間はないので、自分が興味のあることを学ぶのが難しいんですよね。サイルは、自由な時間が多くて、自分で決めて学べるのもいいところです。

サイル生、Aさんの1日

サイル1期生インタビュー サイル1期生 Aさん

授業以外の時間では、起業のための準備や研究をしたり、外国語の勉強をしたりしています。先日、開業届けも提出したので、これからやることがたくさんです。

【Aさんの1日】

8:30
起床
8:30~9:00 
歯磨き、洗顔、着替え、白湯を飲む、髪をくくる
9:00~9:30 
あさ会
9:30~10:00 
朝食
10:00~11:00 
授業
11:30 ~12:30
昼食
13:00 ~20:00
勉強、買い物、リラックス、アルバイト、起業のための準備
20:00
夕飯(アルバイトがある日はまかないを食べる)
22:30~
シャワー、外国語の勉強(韓国語、スペイン語,ウェールズ語,英語)、Netflix
25:00
就寝

サイル生の1日

▲ファッションやコスメブランドを立ち上げるために、インプットとアウトプットを続けている

先日開業届けを出し、本格的に起業に向けた準備をはじめました。授業以外の時間で、ビジネスやコスメの勉強をしています。

現在のコスメ業界は、利益優先の消費システムがあるし、低賃金で女性労働者が搾取されているなどの課題があります。私は、課題を解決できるような、新しいビジネスモデルの会社を作りたいです。

「なぜ、常に社会問題に関心を向けているのか?」と聞かれることがあるんですが、私は幼いころに受けた差別の経験からだと思っています。

父がアフリカ系の外国人で、母が日本人なので、今でも「どこから来たの?」ってよく聞かれるんです。私が「日本人です」というと、それ自体を否定されることもあって。やっぱり、自分自身を否定される怖さはあるんですよね。

だから、環境問題だけじゃなく、人権やジェンダー、「自分らしい生き方」は私にとって重要なテーマでもあります。

社会問題を解決するためには、自分自身と向き合ったり、社会全体のことを理解しておかないといけません。サイルに入学して、いわゆる学問ではない学びを深める時間がとれているのは、とてもよかったと思います。

サイルにはどんな人が合っていると思う?

サイル1期生インタビュー サイル1期生 Aさん

 ビジネスでもいいし、違うことでもいいんですが、何かしら自分自身が強い関心を持っていることがあると、いいんじゃないかと思います。
通信制でオンラインの学校なので、自由な時間はたくさんあります。ある意味、その時間をどれだけ有意義に過ごすかは、自分次第なんですよね。
なんでもいいから、ひとつやりたいことを持っているといいんじゃないかと思います。

 進路を迷っている人に伝えたいこと

 サイル1期生インタビュー サイル1期生 Aさん

私も転校する前は本当に迷っていて、新しいことに向き合うのって怖いなと思っていたんです。でも、いざサイルに入学してみたら、すごく楽しくて充実しています。
だから、そんなに身構えなくてもいいのかなって思うんです。高校生活って人生で一度きりだし、すごく大事な時期だとは思うんですが、うまくいかなかったらそのとき考えればいい。
自分自身が、「今」何がしたいかを大事にしたほうがいいと思います。

(デザイン:垰本 千代、山本 香織、編集:安住 久美子)

サイルの学校案内資料を見たい

関連記事

サイル1期生インタビュー

「変人と言われても、一人じゃない」大竹 泰さん/サイル1期生入学後インタビュー

サイル1期生インタビュー

「夢は起業。自分に合った学び方を選ぶ」野澤 梓葉さん/サイル1期生入学後インタビュー



この記事を書いた人

安住 久美子/Azumi Kumiko

千葉大学卒業。新卒で旅行会社に入社し、テーマ・イベント系の旅行企画・添乗に1年半従事。株式会社リクルートに転職後、月刊誌のメディアプロデューサーとして企画・編集を担当。結婚・出産などライフスタイルの変化に合わせ6年の専業主婦期間を経験後、Webコンテンツの世界へ。スマートキャンプ株式会社で「ボクシルマガジン」「Beyond(ビヨンド)」の編集を1年半行い、2020年にフリーランスとして独立。編集者・ライターとしてビジネスメディアや企業のオウンドメディア記事などを手掛ける。2022年4月より株式会社才流のインハウスエディターとして活動。
@081123tadatama

関連記事