開校理由

才能を流通させる

私たちは一人ひとりが、かけがえのない豊かな才能を持っていると信じています。学院の名称である「サイル」という言葉は、母体となる株式会社才流(サイル)の社名でもあり、「才能を流通させる」という意味が込められています。

才流は、一人ひとりの潜在能力を引き出し、才能を広く社会に届けるために事業運営を行っています。
企業で働く人のためにコンサルティング事業を、学校で学ぶ人のために学校事業を運営しています。

学校の在り方は、もっと多様化できる

社会が多様化し、生徒の学習ニーズも多様化していくなかで、学校の在り方は画一的なまま。これまでの学校に合わないと感じる方も多く、たくさんの才能が埋もれてしまっています。

学校の在り方は、もっと多様化できるはず。自分らしく学べる学校でそれぞれの才能を引き出し、社会に届けていきます。

ビジネスに関わる人は多い

高校卒業後の進路はさまざまですが、多くの方は企業で働いたり、自ら事業を営んだり、何らかの形でビジネスに関わります。

しかし、これまで多くの学校では、ビジネスの授業はありませんでした。早い段階からビジネスを学び、自分に合った働き方や進路を見つけてほしい。「ビジネスを学ぶ学校」で、みなさんが才能を発揮するための力になりたいと考えました。

学院長の紹介

松下 雅征

サイルビジネス学院高等部 学院長
株式会社サイルビジネス学院 代表取締役社長

松下 雅征  Matsushita Masayuki

東京都出身。早稲田実業学校高等部を首席卒業後、早稲田大学政治経済学部へ入学。在学中に大学受験相談サービスを立ち上げ、卒業後は教育系上場企業に入社。2020年、コンサルティング会社の才流に入社。経営強化や新規事業開発を担当。2022年、サイルビジネス学院高等部を運営する株式会社サイルビジネス学院を設立し、代表取締役に就任。著書「13歳からの進路ガイド(仮)」を2023年に刊行予定(すばる舎)。

学校の紹介

学校の概要

  • 学院名:サイルビジネス学院高等部(SAIRU BUSINESS HIGH SCHOOL)
  • 学習提携先:八洲学園大学国際高等学校(全国から入学できる通信制高校)
  • 学院長:松下 雅征
  • 創立:2022年
  • 校舎:オンライン(全国から通学できる)

提携先の概要

  • 学校名:学校法人八洲学園 八洲学園大学国際高等学校
  • 学校長:中村 成希
  • 創立:2000年
  • 校舎(本校):〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町備瀬1249
  • 在籍生徒数:約1000名
  • 職員数:約40名
  • 特長:年1回・最短6泊7日(沖縄)の通学方式を可能にした、日本初の通信制高校

提携校との関係

サイルビジネス学院高等部と八洲学園大学国際高等学校は、学習提携を結んでいます。
サイルビジネス学院高等部の学生が八洲学園大学国際高等学校に入学した場合、八洲学園大学国際高等学校の入学金などが免除になったうえで、高校卒業資格に必要な授業を受講できるメリットがあります。

運営会社の紹介

会社概要

  • 商号:株式会社サイルビジネス学院(Sairu Business School Inc.)
  • 代表:代表取締役社長 松下 雅征
  • 事業内容:サイルビジネス学院高等部の運営
  • 資本金:100万円
  • 設立:2022年4月1日
  • 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目5−3 Nagatacho GRiD

関係会社の紹介

会社概要

  • 商号:株式会社 才流 (SAIRU Inc.)
  • 代表:代表取締役社長 栗原康太
  • 事業内容:メソッドに基づくコンサルティング、研修
  • 支援実績:上場企業から有名スタートアップまで多数
  • 資本金:1,250万円
  • 設立:2016年7月8日
  • 所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目5−3 Nagatacho GRiD

支援実績

一人ひとりが自分に合った進路を見つけて、
才能を発揮するための学校をつくりました。

一人ひとりが自分に合った
進路を見つけて、
才能を発揮するための
学校をつくりました。

入学を検討される方へ

個別相談会

入学を検討される方へ

個別相談会
サイルの学校案内を見る→