catch-img

「ただのサラリーマンにはなりたくない」山上 創太さん/サイル1期生入学後インタビュー

記事を読むのにかかる時間 3分


サイルビジネス学院高等部は、2022年の4月に開校したオンラインの学校です。

どんな人が入学し、どんな学校生活を送っているのでしょうか。1期生に、サイルのいいところや1日のスケジュールなど、リアルな様子を聞きました。

この記事でご紹介するのは、三重県在住の山上 創太(やまかみ そうた)さんです。中学3年生からビジネスに興味を持っていた山上さんですが、将来やりたいことは、まだぼんやりとしているそうです。

明確な目標がなくても、サイルの学校生活は楽しめるのでしょうか?率直な感想を聞きました。

サイル1期生

なぜ、サイルを選んだのですか?

サイル1期生  サイル1期生 山上さん

ビジネスを学んで起業したいと思い、サイルを選びました。

中学3年生のとき、将来の夢について考える時間があって、いろいろな職業を調べました。でも、ぜんぜん興味が持てなかったんです。

みんなが進学するから全日制の高校に行って、受験のためだけに勉強をする。大学に入り、就職したら普通のサラリーマンになって......。

そんなふうに、流されるような人生を送るのは嫌だなと思ったんです。

このころから、人生に必要なことを探したくて、ビジネス本を読むようになりました。そして漠然と起業を考え始めたんです。

サイルを選んだのは、サイルの公式サイトに書いてあった言葉を偶然見つけたからです。

サイルビジネス学院

▲サイルビジネス学院公式サイトより(当時)

「テストや受験勉強だけの高校生活は嫌だ。興味のある・専門的な勉強を早くしたい」というのは、まさに、自分が思っていたことでした。

サイルのいいところは?

サイル1期生  サイル1期生 山上さん

自由な時間が増えて、好きなことをストレスなく学べるのがいいです。

中学のときは、受験用の勉強ばかりで、自分が興味のあるビジネスのことを学ぶ時間はなかなかとれませんでした。いまは、授業以外の時間は自分で決められます。

これから、ビジネスに関係する本をいろいろと読んでみたいと思っています。

あとは、サイルの授業はとてもわかりやすいし、少人数なので、質問もしやすいです。みんなが発言する機会があるので、学びを深めやすいと思います。

僕はプレゼンテーションが苦手で、毎回緊張してしまいます。でもみんながバンバン意見を出したり、しっかりと発表している姿を見ると、僕も頑張ろうと思えます。

起業家・事業家の方から直接話を聞ける授業もあり、自分が知らない世界のことを学べるのもとても楽しいです。

サイル生、山上さんの1日

サイル1期生  サイル1期生 山上さん

授業以外の時間は、ほとんど、高校卒業資格をとるためのレポートをしています。合間で、飼っている犬の散歩をしたり、友人とサッカーをしたり。オンライン通学でも、けっこう体は動かせているほうかもしれません。

【山上さんの1日】

8:30
起床
8:30~8:59
歯磨き、準備
9:00〜9:30
あさ会
9:30~11:30
自由時間(SNSなど)
11:30〜12:20
授業
12:30〜13:00
昼食
13:00〜18:00
レポート、犬の散歩、サッカー、イラスト練習、読書(主に漫画)、動画配信サービス観賞
18:00〜19:00
夕飯
19:00
レポートの続き
24:30
就寝

サイル生の1日

▲山上さんは、夕方愛犬のお散歩をするのが日課

サイル1期生の1日

▲休日には従弟と趣味の登山へ。富士山の登頂経験もあるそう

サイルにはどんな人が合っていると思う?

サイル1期生  サイル1期生 山上さん

やりたいことがはっきりと見えていない人でも、少しでもビジネスに興味があれば、成長できると思います。

サイル生の中には、「社会問題を解決したい」「ファッション領域で起業したい」とか、明確な目標を持っている人もいますが、僕自身は、まだぼんやりとしています。

でも、ぼんやりしているからこそ、楽しめる部分もあります。どの授業を聞いても、どのビジネスの話を聞いてもとても新鮮で、楽しい。

だから、目標が明確じゃなくても「ただ流されて進学するのが嫌だ」と思う人は、サイルが合っているんじゃないかなと思います。

 進路を迷っている人に伝えたいこと

 サイル1期生  サイル1期生 山上さん

進学先を決めるときは、いろいろ不安なこともあるかもしれません。でも、「大丈夫ですよ」って言いたいですね。サイルはワクワクするし、刺激的でもあるけれど、安心できる居場所です。


(デザイン:垰本 千代、山本 香織、編集:安住 久美子)

サイルの学校案内資料を見たい

関連記事

サイル1期生インタビュー

「サイルで変化する自分が嬉しい」大野 結花さん/サイル1期生入学後インタビュー

サイル1期生インタビュー

「自分と社会を変える選択」松村 凜さん/サイル1期生入学後インタビュー


この記事を書いた人

安住 久美子/Azumi Kumiko

千葉大学卒業。新卒で旅行会社に入社し、テーマ・イベント系の旅行企画・添乗に1年半従事。株式会社リクルートに転職後、月刊誌のメディアプロデューサーとして企画・編集を担当。結婚・出産などライフスタイルの変化に合わせ6年の専業主婦期間を経験後、Webコンテンツの世界へ。スマートキャンプ株式会社で「ボクシルマガジン」「Beyond(ビヨンド)」の編集を1年半行い、2020年にフリーランスとして独立。編集者・ライターとしてビジネスメディアや企業のオウンドメディア記事などを手掛ける。2022年4月より株式会社才流のインハウスエディターとして活動。
@081123tadatama

関連記事