catch-img

「夢は起業。自分が思う常識を信じてもいい」野澤 梓葉さん/サイル1期生入学後インタビュー

記事を読むのにかかる時間 3分


サイルビジネス学院高等部は、2022年の4月に開校したオンラインの学校です。

どんな人が入学し、どんな学校生活を送っているのでしょうか。1期生に、サイルのいいところや1日のスケジュールなど、リアルな様子を聞きました。

この記事でご紹介するのは、新潟県在住の 野澤 梓葉 (のざわ あずは) さんです。私立高校に通っていた野澤さんは、勉強や部活で忙しい中で、学校生活に疑問を感じるようになったといいます。

野澤さんの夢は起業。サイルは夢を実現できる場になっているのでしょうか?

サイル1期生

なぜ、サイルを選んだのですか?

  サイル1期生 野澤さん

サイルを選んだのは、ビジネスの立ち上げ方を学べるからです。

以前から社会問題に興味がありました。特に少子高齢化は身近な問題だと感じていたので、シニアマーケティングも自分で勉強しました。

「社会のためにできることをしたい」。いつのまにか、起業が私の夢になっていたんです。

これには、親戚に経営者がいるのも影響しています。

たくさんの人をまとめる姿がかっこいいし、忙しいのに自分の生活もおろそかにしていない。仕事とプライベートを両立する姿が素敵なので、自分もそんなふうになれたらいいなと思ったんです。

あとは、もともといた高校で感じた疑問も、サイルに転入するきっかけになりました。

進学校だったこともあり、とにかく「勉強、勉強、勉強……」の毎日で、「大人になって本当に役立つのかな?」と思っていたんです

時間には限りがあるのに、違和感を持ったまま高校生活を終えるのはもったいない。社会に出たときに、本当に役立つ勉強をしたい。そう思って、サイルを選びました。

サイルのいいところは?

  サイル1期生 野澤さん

一番いいと思うのは、時間の使い方を自分で決められるところです。

全日制の学校に通っていたときは、朝は早いし、授業が終わるのは16時半くらい。そのあと部活をやってから帰るので、復習や予習をしていたら、自分のやりたいビジネスの勉強はなかなかできなかったんです。

いまは、自分の好きな勉強を、好きなだけできるので楽しいですね。

あとは、授業がいいですね。オンラインだし、少人数だし。プレゼンテーションが多いので、社会人になったときに役立つと感じます。他の子の発表を聞いて刺激になることもたくさんあります。

それに、前の高校では、授業のペースがとても早かったので、どんどん授業が進んでしまっていたんです。

40人の生徒がいて、理解できる人もいれば、理解できない人もいる。その進め方が一人ひとりに合っているかというと、違うと思うんですよね。

少人数の授業と、授業のあとに自分で学ぶ時間をとれるのが、サイルのいいところです。

時間に余裕があるので、サイルの友達と一緒に起業プランを考えてみようと話をしています。

まだ具体的には決まっていませんが、先日の授業で聞いた起業家の方の話が印象に残っているので、難民支援のためのサイト作成なども案にあがっています。

サイル生、野澤さんの1日

  サイル1期生 野澤さん

サイルは、あさ会と授業時間以外は基本的に自由です。私は以前通っていた高校のカヌー部の活動に参加しているので、ほぼ毎日練習があります。他の時間は、散歩をして花を見たり、お料理をしたりするのも好きです。

【野澤さん】1日の流れ

7:00
起床
7:00~9:00
洗顔、スキンケア、ヘアセット、スマホ
9:00〜9:30
あさ会
9:30~11:25
あさ会を深める、レポート
11:30〜12:20
授業
12:30〜13:00
昼食
13:00〜14:00
散歩、お買い物(とりあえず外へ)
14:00〜16:00
勉強
16:00〜19:00
部活のカヌー
19:00〜21:00
お風呂
21:00〜気分で
勉強(12時or2時or4時まで)
気分で
就寝

勉強の合間などに、毎日友達と電話でおしゃべりもしています。勉強は、卒業資格を得るためのレポートがありますが、自分でペースを決められるので、日によって調整しています。

サイル生の1日

▲カヌー部の練習は雨の日以外は開催され、野澤さんも毎日参加しているそう

サイル生の1日

▲趣味で撮影する花の写真は、オンライン校舎の中でも投稿することもある

サイルにはどんな人が合っていると思う?

  サイル1期生 野澤さん

自分の目的や意思をしっかりと持っていて、伝えられる人。勉強の面でいうなら、やらされている勉強ではなく、自分から自主的に学べる人かなと思います。

伝えるのが苦手という人も、サイルでは発表の機会がたくさんあるので、そういう力は身につくと思います。

あとは、時間の使い方を自分で決めたい人ですね。

私は、サイルに入学する前は、時間に追われていて、考えごとをする余裕もなかったんです。忙しすぎてとりあえずその日のことをやって、終わるみたいな感じでした。

自分のやりたいことや、考えを深めるってすごく大事なことなんですけど、それができなかったんですよね。

サイルに入って、好きな勉強を好きなだけやる時間がとれるので、すごく気持ちが軽くなりました。

 進路を迷っている人に伝えたいこと

   サイル1期生 野澤さん

自分の人生は一度きりなので、今の学校生活に満足していないんだったら、そのままにしないほうがいいです。

全日制高校に入るのがあたりまえ、みたいに思われていますが、そこから外れてもいいし、自分が思う常識でいいと思うんです。

自分に合った学校を選んでほしいなと思います。


(デザイン:垰本 千代、編集:安住 久美子)

サイルの学校案内資料を見たい

関連記事

サイル1期生インタビュー

「変人と言われても、一人じゃない」大竹 泰さん/サイル1期生入学後インタビュー

サイル1期生インタビュー

「ビジネスで社会に変化を起こす」Aさん/サイル1期生入学後インタビュー


この記事を書いた人

安住 久美子/Azumi Kumiko

千葉大学卒業。新卒で旅行会社に入社し、テーマ・イベント系の旅行企画・添乗に1年半従事。株式会社リクルートに転職後、月刊誌のメディアプロデューサーとして企画・編集を担当。結婚・出産などライフスタイルの変化に合わせ6年の専業主婦期間を経験後、Webコンテンツの世界へ。スマートキャンプ株式会社で「ボクシルマガジン」「Beyond(ビヨンド)」の編集を1年半行い、2020年にフリーランスとして独立。編集者・ライターとしてビジネスメディアや企業のオウンドメディア記事などを手掛ける。2022年4月より株式会社才流のインハウスエディターとして活動。
@081123tadatama

関連記事