今すぐ転入できる高校はある?高校の探し方や転入条件を説明サムネイル画像

今すぐ転入できる高校はある?高校の探し方や転入条件を説明

【記事を読むのにかかる時間】 3分


今の学校が合わないので転校したい

すぐに転入できる高校はある?

このようにお悩みでしょうか。

転校すれば悩みが解決する可能性があります。しかし、転入には条件があり、必ずしも好きな学校に変えられるわけではありません。

 進路相談のプロ

本記事では全日制と通信制の転入条件や高校の探し方進路相談のプロ(書籍「13歳からの進路相談」著者)であり、通信制のサイル学院高等部 学院長の松下が紹介します。

また、すぐ転入できる通信制高校も紹介するので参考にしてください。

【高校を転入したい方へ】

目次[非表示]

  1. 1.全日制と通信制で転入条件・転入時期を比較
  2. 2.転入できる高校の探し方
  3. 3.通信制高校 4つの魅力
  4. 4.すぐに転入できる通信制高校おすすめ6選
  5. 5.まとめ

全日制と通信制で転入条件・転入時期を比較

高校を転入する際、全日制と通信制で悩む人が多いようです。

それぞれの学校で生徒を受け入れる基準が定められていますので、まずは転入条件や転入できる時期を把握しましょう。

全日制と通信制で転入条件・転入時期を比較

全日制高校

全日制高校への転入には、以下の条件が定められています。

check転入条件

  • 転入先の定員に欠員がある
  • いじめや引っ越しなど、やむを得ない理由がある
  • 転校日までに指定の都道府県内に居住地がある
  • 転入試験に合格する

また、公立の方が私立より転入の機会が少ない傾向にあります。

check転入時期

  • 公立:各学期の始めが多い
  • 私立:各学期の始め・月始めなど、学校によって異なる

全日制高校へ転校したい!公立・私立の転校手続きや疑問点を解説

通信制高校

通信制高校の転入条件は以下の通りです。

check転入条件

  • 転入先の定員に欠員がある
  • 転入先が指定する都道府県内に居住している
  • 転入試験に合格する

転入試験の内容は学科試験よりも面接や作文であることが多いです。

公立と私立で、募集地域の広さ・転入時期にも傾向があります。

募集地域・時期の傾向
 
募集地域
転入時期
公立
1〜2つの都道府県に限定して募集を行う
各学期の始めなど
私立
全国もしくは3つ以上の都道府県から募集を行う
いつでも、もしくは月始めなど

通信制高校の公立と私立 4つの違い|学費・学習内容などを比較

転入できる高校の探し方

転入できる高校を探す際、教育委員会や私立学校協会などで調べてみると探しやすいです。

ここでは全日制・通信制ごとに転入できる高校を探せる組織を紹介します。

全日制高校

全日制高校で転入できる高校の情報は、以下の組織が取りまとめています。

  • 公立:各都道府県の教育委員会(東京都教育委員会など)
  • 私立:各都道府県の私立学校協会(東京私立中学高等学校協会など)

それぞれのHPにアクセスすれば、転入生を募集する高校の情報がまとめられています。

通信制高校

一方、通信制高校で転入できる高校の情報は、以下の組織が取りまとめています。

  • 公立:各都道府県の教育委員会(東京都教育委員会など)
  • 私立:各学校に直接問い合わせ

都道府県の私立通信制高等学校協会HPにも転校できる高校がまとめられています。転入先を探す際、こちらも活用しましょう。

【高校を転入したい方へ】

通信制高校 4つの魅力

全日制高校への転入は、条件が厳しいので簡単ではありません。

一方、私立通信制は希望の学校に転入しやすく、転入時期も柔軟です。そのため、私立通信制も視野に入れた学校選びがおすすめです。

ここでは、通信制の魅力を4つ紹介します。

通信制高校 4つの魅力

魅力1. 人間関係に悩みにくい

通信制高校は登校(スクーリング)日数が少ないため、人間関係に悩みにくいです。

登校頻度は「2週間に1度」「年間10日未満」など、学校によってさまざま。自分がどのような人間関係を構築したいかを考えて学校選びを行いましょう。

通信制高校のデメリットとメリットは?人気の理由も解説

魅力2. 全日制高校で修得した単位を引継げる

通信制高校に転入しても、全日制高校で修得した単位を引継げます。

今まで学んだ内容は無駄にはなりませんし、同学年と同時期での卒業も可能でしょう。

ただし、引継げる単位は基本的に前の学年の単位までとなっています。なぜなら全日制高校の単位付与は進級時だからです。

例えば高校2年の9月に転入した場合、引継げる単位は高校1年のものだけとなります。

そのため、転入は進級時や学年の前半がおすすめです。

魅力3. 全日制高校と同じ卒業資格を取れる

通信制高校で取得できる高校卒業資格は、全日制高校と同じです。

進学・就職でも同様に扱われるため、将来への悪影響はないと考えても良いでしょう。

魅力4. 就職・進学も不利ではない

通信制高校の就職率は全日制高校とほとんど変わりません。

check全日制・通信制の就職率

  • 全日制:14.7%
  • 通信制:15.0%

抜粋:卒業後の状況調査 281 状況別卒業者数・290 職業別就職者数 全日制・定時制 / 295 状況別卒業者数・300 職業別就職者数(「令和4年度 学校基本調査」文部科学省)

通信制高校の中にはビジネスやプログラミングといった専門的な知識を学べる学校も。やりたいことが決まっている場合は全日制よりも有意義な時間を送れる可能性もあります。

また、進学支援が充実している通信制であれば、難関大学の合格も目指せます。進学実績やサポート体制を確認した学校選びを行いましょう。

【高校を転入したい方へ】

すぐに転入できる通信制高校おすすめ6選

「選択肢が多すぎてどの通信制高校を選べば良いか分からない」という方もいるでしょう。

ここでは、すぐに転入できる通信制高校を5つご紹介します。

サイル学院高等部

サイル学院高等部は、自宅から徒歩0分・全国から転入学できるオンラインの学校です。

高校卒業に向けた個別サポートから進学・就職・起業の進路サポートまで、自宅からオンラインで受けられます。

三大特徴

①登校日(スクーリング)は年1回!普段は100%オンライン通学

②自分のペースで学べる!1対1の個別指導で高校卒業まで専任コーチが伴走

③将来に役立つ知識が学べる!全国の友だちと学び合うライブ型授業

転入できる都道府県
全国47都道府県
転入時期
随時受付
1年間の学費(30単位修得時)

入学金:55,000円

授業料:月あたり29,800円

教材費:0円

通学費:0円

*高等部は提携校の学費がかかる(入学登録料・施設利用料の免除あり)。サイル学院の学費説明(公式サイト)はこちら

自宅学習の方法

レポート+放送視聴報告書
欠席時は授業の録画映像を視聴できる「授業アーカイブ」

スクーリング方法・日数

年1回(6泊7日の集中スクーリング)

N高校・S高校

N高校・S高校は学校法人角川ドワンゴ学園が運営する通信制高校。N高校とS高校の違いは、2年次の本校スクーリングの場所が変わる点です。

三大特徴

①タブレットやVR機器などを用いた先端のオンライン学習

②沖縄離島の本校を含む計10拠点のスクーリング会場

③起業家や芸能人など多彩な進路・合格実績

コース

ネットコース

通学コース

オンライン通学コース

通学プログラミングコース

転入できる都道府県

全国47都道府県

転入時期

随時受付

1年間の学費(30単位修得時)

279,000円

※ネットコース・普通科ベーシックの場合

自宅学習の方法

映像学習と確認テストを繰り返した後にレポート提出

スクーリング方法・日数

1・3年次:全国の会場に計7日程度のスクーリング

2年次:沖縄・茨城県の本校への合宿形式を含む8~9日程度のスクーリング

※ネットコースの場合

ルネサンス高校

ルネサンス高校(本校)とルネサンス豊田高校、ルネサンス大阪高校の3校が開校されています。

通常の学習以外に、プロゲーマーや韓国芸能事務所など、特定の業種を目指せる様々な専門的カリキュラムが受けられる点が特徴です。

三大特徴

①最短4日のスクーリング日数

②約20,000人の卒業実績と約98%の卒業率

③大学123校を含む計350校以上の指定校推薦枠

コース

基本コース(通信)

通学スタンダードコース

eスポーツコース

アコピアK-POコース

ダブルスクールコース

転入できる都道府県

全国47都道府県

転入時期

随時受付

1年間の学費(30単位修得時)

445,000円

※基本コース(通信)の場合

自宅学習の方法

動画学習と確認テストを繰返し、最後にレポート提出・添削を受ける

スクーリング方法・日数

最短年4日で宿泊型・日帰り型・分割型などから選択可能

※基本コース(通信)の場合

飛鳥未来高校・飛鳥未来きずな高校

飛鳥未来高校は学校法人三幸学園により、約30のキャンパスで運営されている通信制高校です。

スクーリングの日数を自由に選べる点が大きな特徴であり、自身の生活リズムや理想の人間関係に合わせて決定ができます。

三大特徴

①計17種類の専門分野から選べるコース選択

②週のスクーリングの日数を1回~5回で選べる

③「キャリア教育科目」が卒業単位に認められている

コース

ベーシックスタイル

スタンダードスタイル

ネットスタイル

3DAYスタイル

5DAYスタイル

自由に選べるコース

美容師免許取得コース

転入できる都道府県

北海道・宮城・千葉・東京・神奈川・愛知・大阪・奈良・広島・福岡など

転入時期

随時入学

1年間の学費(30単位修得時)

約470,000円

※ベーシックスタイル選択時

自宅学習の方法

授業後のレポートやテストによって単位を修得

スクーリング方法・日数

週1日~週5日まで選択可能(月1もしくは週1のHRは通学必須)

※ベーシックスタイル・スタンダードスタイルの場合

八洲学園大学国際高校

八洲学園大学国際高校は沖縄県に本部を置く通信制高校です。

担任とのコミュニケーションが密であり、十分なサポートを受けた上で自宅学習が進められる点が魅力の1つです。

三大特徴

①スクーリングの機会が年15回

②6泊7日の沖縄本校でのスク―リング

③担当教員との密なコミュニケーション

コース

短期集中(標準)コース

海外チャレンジコース

通学コース

資格取得・専門コース

高認合格コース

転入できる都道府県

全国47都道府県

転入時期

随時入学

1年間の学費(30単位修得時)

300,000円(1単位10,000円で計算)

※短期集中(標準)コースの場合

自宅学習の方法

教科書やワークブックでの学習・レポート提出

スクーリング方法・日数

6泊7日の短期集中型のスクーリング

※短期集中(標準)コースの場合

NHK学園高校

NHK学園高等学校は1963年にNHKが設立した、日本で最初の広域通信制高校です。学習面・生活面での充実したサポートを受けながら卒業を目指せます。

三大特徴

①NHK高校講座を活用した学習

②全国40ヶ所以上のスクーリング会場

③学習面・生活面をチームでサポート

コース

スタンダードコース

ライフデザインコース

登校コース

教育・海外特科コース

転入できる都道府県

全国47都道府県

転入時期

3月~12月 随時受付

1年間の学費(30単位修得時)

402,000円

※スタンダードコースの場合

自宅学習の方法

NHK高校講座の視聴とネット学習によって学習し、オンライン上でレポート提出を行う

スクーリング方法・日数

全国のスクーリング会場で月1~2回もしくは、集中スクーリング会場への年1回基本4日間のスクーリング

※スタンダードコースの場合

高校を転入したい方へ

転入できる高校を探しているのならば、通信制高校も視野に入れた学校選びがおすすめ。

私立の通信制なら転校手続きがしやすく、同級生に遅れず卒業を目指せる可能性も高いです。

自分に合った学校を選べれば、より充実した高校生活を送ることができるでしょう。

通信制高校を探すなら【通信制高校の相談室】がおすすめです。

通信制高校の相談室は、全国47都道府県から、あなたにぴったりの学校がすぐ見つかるサービスです。通信制高校の基本や転校に関する情報も、わかりやすく案内してもらえます。

「通信制高校のルールがわからない…」

「転校しても卒業が遅れないか不安…」

「種類が多すぎてどれを選べばいいか迷う…」

「親/子ども/学校の先生になんて伝えようか…」

「入学や転校の手続きをくわしく知りたい…」

などのお悩みがある方は、通信制高校の相談室で解決できます。

生徒や保護者の方は、完全無料で相談できますので、安心してご利用ください。

【高校を転入したい方へ】

この記事を書いた人

サイル学院中等部・高等部 学院長
松下 雅征/Matsushita Masayuki
サイル学院中等部・高等部 学院長

1993年生まれ、福岡市在住。学生時代は早稲田実業学校高等部を首席卒業。米国留学後、早稲田大学政治経済学部を卒業。やりたいことではなく偏差値で進路を選び後悔した経験から、大学在学中に受験相談サービスを立ち上げ。中高生からの相談数は7万件以上。大学卒業後は教育系上場企業とコンサルティング会社の才流で勤務。
2022年、株式会社サイルビジネス学院を設立し、代表取締役に就任。一人ひとりが自分にあった進路を選べる社会を目指して通信制オンラインスクール「 サイル学院高等部」を創立。2023年、同校の中等部を創立。著書「 13歳からの進路相談」(すばる舎)。進路選択をテーマにした講演・イベントの登壇実績多数。1児の父。