catch-img

高校を転校したいけど何をすればいい?転校の条件や手続きを解説

記事を読むのにかかる時間 3分


親の転勤で今の高校には通えない

通っている高校に馴染めない

このような事情で、転校(転学・転入)を検討している人も多いでしょう。

転校にあたっては、様々な手続きをする必要があります。しかし、高校を転校する人は少なく、転校に関する情報は少ないのが現状です。

  学院長 松下

本記事では、高校を転校できる条件・手順などをサイルビジネス学院 学院長の松下がお伝えします。
新しい学校に転校するまでの流れをイメージしたい方や、スムーズに転校手続きができるようになりたい方は、ぜひご覧ください。

目次[非表示]

  1. 1.高校を転校する4つの条件
    1. 1.1.条件1. 現在高校に在籍していること
    2. 1.2.条件2. 志望校に欠員があること
    3. 1.3.条件3. 本人や親の居住地が志望校が指定する都道府県内であること
    4. 1.4.条件4. 転入試験に合格すること
  2. 2.高校の転校手続き 6ステップ
    1. 2.1.ステップ1. 在学中の高校に転校の希望を伝える
    2. 2.2.ステップ2. 受け入れ先の高校を探す
    3. 2.3.ステップ3. 志望先に単位照合を依頼する
    4. 2.4.ステップ4. 在学中の高校に必要書類を依頼する
    5. 2.5.ステップ5. 入学を希望する高校に出願する
    6. 2.6.ステップ6. 転入試験に合格したら、入学手続きを行う
  3. 3.全日制高校への転校は難易度高め
    1. 3.1.志望校から出願を許可されないケースも
    2. 3.2.転入試験に合格するとは限らない
  4. 4.通信制高校への転校をおすすめする3つの理由
    1. 4.1.転入生の受け入れ体制が整っている
    2. 4.2.学科入試がない学校が多い
    3. 4.3.将来のための時間が持てる
  5. 5.高校を転校するなら後悔のないようにしよう

高校を転校する4つの条件

高校を転校するためには、以下4つの条件を満たす必要があります。具体的に見ていきましょう。

高校の転校に必要な4つの条件

条件1. 現在高校に在籍していること

転校とは、現在の高校に在籍したまま手続きし、他の高校に転籍すること。つまり、現在高校に在籍していることが必要です。

ちなみに、すでに高校を退学しているのであれば、それは「転校」ではなく「編入」です。

転校と編入では、試験の時期が異なるなどの違いがあるので、混同しないようにしましょう。

条件2. 志望校に欠員があること

高校に欠員が出ないと募集はありません。募集時期は学期ごとの場合が多く、そのタイミングで出願します。

ただし、最近は転入生を積極的に受け入れるようになってきました。各高校が転入生のために特別枠を設けるなどの取組がある都道府県もあります。

条件3. 本人や親の居住地が志望校が指定する都道府県内であること

全日制・定時制・通信制の高校で、生徒や親の住所に以下のような条件があります。

全日制
本人・親の住所が、入学日までに志望校のある都道府県内にある
定時制
本人の住所・勤務先が、志望校のある都道府県内にある
通信制
広域通信制:全国あるいは3つ以上の都道府県から生徒を募集し、本人の住所が募集地域内にある
狭域通信制:特定の地域から生徒を募集し、本人の住所が募集地域内にある

条件4. 転入試験に合格すること

転校するには転入試験に合格しなければなりません。

転入試験の内容は、一般的に国語・数学・英語の学力試験と面接です。私立の全日制高校や通信制高校は学力試験がなかったり、面接や書類審査のみだったりする場合もあります。

都道府県によって複数校の受験が可能かどうかは異なり、「併願は可能だが、最初に合格した高校に入学しないといけない」など条件付きで併願を認めている都道府県もあります

転入試験の過去問題は、志望校に依頼すればもらえる場合もあります。どのようなレベルの問題が出題されているか確認できれば、学校選びの参考になるでしょう。

高校の転校手続き 6ステップ

高校を転校できる条件を満たし決意が固まったら、次は転校手続きに進みます。具体的には以下の6ステップになるので、確認していきましょう。

高校の転校手続き 6ステップ

ステップ1. 在学中の高校に転校の希望を伝える

まずは、在学中の高校に転校したいことを伝えましょう。学校側は本人の理由を尊重しつつ、転校を認めるか判断を行います。

ステップ2. 受け入れ先の高校を探す

公立高校の場合は、以下の方法で欠員募集のある高校を探せます。

check欠員募集のある高校の探し方

  • 在学中の高校の進路指導担当の先生から情報を得る
  • 都道府県教育委員会のホームページ上で探す
  • 志望校に問い合わせる

私立学校や通信制高校の場合は、都道府県私学協会や志望校に問い合わせるなどして情報を集めます。

ステップ3. 志望先に単位照合を依頼する

出願前に、志望校に単位照合の依頼が必要です。

単位照合とは、現在修得している単位と転校後のカリキュラムを照合し、転校先で卒業に必要な単位が取れるかの確認のことです。

志望校の校長から卒業のための単位を満たしていると認められれば、出願できます。

ステップ4. 在学中の高校に必要書類を依頼する

出願可能と認められれば、現在の高校に出願書類の作成を依頼しましょう。具体的には以下の書類になります。

check高校に用意してもらう必要書類の例

  • 転学照会書
  • 在籍証明書
  • 単位修得証明書・成績証明書

作成には時間がかかるので、ゆとりをもって出願できるよう早めに依頼すると安心です。

ステップ5. 入学を希望する高校に出願する

学校によって異なりますが、一般的に下記の出願書類が必要です。

check出願書類の例

  • 入学願書
  • 住所を証明する書類(転居する場合は住居の契約書の写しなど)
  • 転学照会書
  • 在籍証明書
  • 単位修得証明書・成績証明書

なお、父母と同居できない場合、海外からの転校の場合など特別な事情があれば、別途書類が必要です。

ステップ6. 転入試験に合格したら、入学手続きを行う

転入試験に合格したら、入学先の指示に従い、入学書類の提出や授業料の納付などの手続きを行います。

全日制高校への転校は難易度高め

全日制高校への転校は一般的ではなく、難易度が高いです。ここからはその理由を説明していきます。

志望校から出願を許可されないケースも

出願前の単位照合で、志望校から出願不可の判断がされるケースもあることも覚えておきましょう。

卒業に必要な単位や科目は文部科学省の「学習指導要領」に定められています。しかし、現在校と志望校の間にカリキュラムの進め方の差が大きければ、出願不可とされるケースもあります。

例えば、下記のようなケースがあるとします。

  • 現在1年生で2年生の1学期の転校を希望
  • 在学中の高校ではある科目(3単位)を2年生で2単位、3年生で1単位履修
  • 志望校では、この科目を1学年につき1単位ずつ履修

この場合、志望校入学の時点で1単位履修できていないということが、単位照合の際の問題になります。

また欠席が多いと必要な単位が履修できないと見なされ、出願を認められないこともあるのです。

転入試験に合格するとは限らない

試験で不合格になる可能性も考える必要があります。例として、令和4年度第1学期の都立高校の転入試験の結果は以下の通りでした。


受験人数
合格人数
倍率
第2学年
46人
28人
1.64倍
第3学年
11人
6人
1.83倍

抜粋:令和4年度第一学期都立高等学校転学・編入学募集(第2学年以上)実施結果【全日制総括】・東京都教育委員会

2年生の場合、18名も不合格が出ていることがわかります。

学校ごとに「学力試験、面接で〇点以上取れば合格」や「在籍生徒の定期テストの平均点以上」などの合格基準を設けられているでしょう。しかし、合格基準の公表はされておらず、対策は難しいです。

また、自分に合った学力の学校に欠員があるとは限りません

合格の確実性を重視すれば、自分の学力より低い学校を選んでの受験になります。そうなると例え合格しても、入学後に学校に馴染めず悩んでしまうかも知れません。

通信制高校への転校をおすすめする3つの理由

全日制高校への転校はめずらしいケースで、学校に馴染めないことも考えられます。不安に感じる方は通信制高校への転校も検討してみましょう。

ここでは、通信制高校への転校をおすすめする理由を3つお伝えします。

通信制高校への転校をおすすめする3つの理由

転入生の受け入れ体制が整っている

通信制高校の生徒は年度途中入学者が多くいます。転校生が周囲から浮いてしまうことはありませんし、学校側も転校生の対応に慣れています。

また、通信制高校の多くは単位制で、個人別にカリキュラムを組むことが可能です。単位修得状況にもよりますが、同学年と同じタイミングで卒業できるよう学習を進められます。

なお、全日制高校は学期ごとの募集が多いですが、私立の通信制高校は随時募集を行っている学校が多いです。自分のタイミングで転校できるため、時間の無駄がありません。

学科入試がない学校が多い

私立の通信制高校は学科入試がない場合が多く、面接や作文のみで合否を決める学校が多いです。中には転入試験がない学校もあります。

そのため、学力面に不安がある方でも安心して転校の準備ができます。

将来のための時間が持てる

通信制高校は自分でカリキュラムを組め、登校日も必要最小限です。そのため空いた時間で興味のあることを学んだり、資格修得のための勉強ができたりと将来のことを考える時間が持てます。

「ビジネス」「ファッション」「芸術」「プログラミング」などのユニークなカリキュラムを設置する私立の通信制高校もあります。

単位修得のための授業だけではなく、興味があることに挑戦できる点も通信制高校のメリットです。

また、大学進学を希望される方の中には「通信制高校からだと進学には不利」というイメージをお持ちの方もいると思います。しかし、通信制高校から難関大学への合格は今やめずらしいことではありません。

また、自由にカリキュラムを組めることから、卒業を遅らせることなく在学中に海外の高校に留学できます。卒業後は海外の大学へ進学し、世界へ羽ばたくこともできるのです。

高校を転校するなら後悔のないようにしよう

高校を転校したいと思っているあなたは、何か特別な悩みや理由があるのでしょう。

しかし、焦って転校をすると、かえって良くない方向にいってしまうかもしれません。どんな理由で、何を改善したいのかをきちんと考えた上で転校先を検討したいものです。

やりたいことが今の学校ではできない。そんな思いがあるなら、自由な時間が多い通信制高校はおすすめです。

高卒資格を修得しながらも、夢に向かって努力できる環境はきっとあなたにとって特別な時間になるでしょう。

ぜひ、あなたの人生にとって転校を後悔のない選択にしてください。

(デザイン:山本 香織)

「もしサイルに転校したら」を読む

この記事を書いた人

松下 雅征/Matsushita Masayuki

サイルビジネス学院高等部 学院長

東京都出身。早稲田実業学校高等部を主席卒業後、早稲田大学政治経済学部へ入学。在学中に受験相談サービスを立ち上げ、累計3万人以上の高校生に大学生との相談機会を提供。卒業後は教育系上場企業に入社。新規事業のマーケティング部門立ち上げを担当。2020年、コンサルティング会社の才流に入社。経営強化や新規事業開発を担当。2022年、同社の子会社として株式会社サイルビジネス学院を設立し、代表取締役に就任。高校生からのビジネス入門学校「サイルビジネス学院高等部」の経営に従事。
@msykmatsushita

関連記事