banner-PC
banner-SP
catch-img

通信制高校へ転入するデメリットは?後悔しない3つのコツも解説

通信制高校へ転入したい

後悔しないためにデメリットを知りたい

このように考えていますか。

確かに、通信制への転入後に後悔しないためにも事前に注意点を知っておくべきです。

 学院長 松下

本記事では、通信制高校の特徴を踏まえつつ、デメリット・メリットをサイルビジネス学院 学院長の松下が解説します。

また、転入を後悔しないためにできる3つのコツもお伝えしますので、最後までご覧ください。

【2022年度版】全国から通える!おすすめ通信制高校3選 を読む

目次[非表示]

  1. 1.通信制高校に転入する3つのデメリット
    1. 1.1.デメリット1. 交流の場が少ない
    2. 1.2.デメリット2. 自分で学習を進める必要がある
    3. 1.3.デメリット3. 就職や進学で不利というイメージがある
  2. 2.通信制高校に転入する5つのメリット
    1. 2.1.メリット1. 学校の選択肢が多い
    2. 2.2.メリット2. 転校しやすい
    3. 2.3.メリット3. 自分のペースで勉強できる
    4. 2.4.メリット4. 多彩なカリキュラムがある
    5. 2.5.メリット5. 登校が少なく、自由な時間が多い
  3. 3.転入を後悔しない3つのコツ
    1. 3.1.コツ1. 転入する理由を明確にする
    2. 3.2.コツ2. 転入先を徹底的に調べる
    3. 3.3.コツ3. 自分の気持ちに正直になる
  4. 4.まとめ

通信制高校に転入する3つのデメリット

通信制高校に転入する3つのデメリット

通信制高校に転入した際、デメリットになり得る要素は3つあります。順番に確認していきましょう。

デメリット1. 交流の場が少ない

通信制高校は、年に数日など通学の頻度が少ないことが多いです。人と接する機会が減り、友達は作りづらいかもしれません。

しかし、週3日・週5日など通学日数を選べる学校も。通学頻度を選べる高校もあります。

また、学校以外の場所でも友人は作れます。

check学校以外で交流できる場所の例

  • アルバイト
  • ボランティア活動
  • 習い事や趣味の場

趣味が同じだと話が合いやすく、様々な年代の友人もできるので、人間関係の幅が広がるでしょう。

デメリット2. 自分で学習を進める必要がある

通信制高校では、勉強は自主学習が基本です。

自分で学習計画を組み、締切までにレポートを提出し、テストに合格することで単位を修得します。

通信制は自由である半面、自己管理ができないと卒業は難しいでしょう

ただし私立は学習支援が充実した学校も多いです。

check学習支援の例

  • N高校:全生徒に複数のメンター(教育スタッフ)がつく。
  • NHK学園高校:オンラインの学習ページから教員に電話で質問ができる。
  • ルネサンス高校:担当教員が生徒の学習状況をチェックし、何かあれば声掛けを行う。

学習が不安な方は、手厚いサポートのある学校を選びましょう。

デメリット3. 就職や進学で不利というイメージがある

「通信制高校は就職や進学に影響はないの?」と思う人もいるかもしれません。

まずは就職率のデータを見てみましょう。

check就職率

  • 通信制:16%
  • 全日制:15.7%

抜粋:令和3年度学校基本調査 卒業後の状況調査(通信制高校)(全日制高校)・文部科学省

就職率は、全日制も通信制も差がほぼありません。

就職ガイダンスや職場体験、個別相談など、就職について細やかな支援をする通信制を選べば、なお安心でしょう

一方、大学進学率は通信制のほうが低いです。

check大学進学率

  • 通信制:19.5%
  • 全日制:57.4%

抜粋:同上

通信制は高校卒業を目指す場所なので、授業内容は易しく、大学受験を目標にしていないという理由があります。

大学合格を目指すなら、大学進学コースがある通信制を選びましょう

学習塾と連携し、難関大学や医学部に合格実績のある通信制高校もあります。

通信制は通学が不要な分、学習時間が多く取れるので受験対策もしっかりとできるはずです。

通信制高校に転入する5つのメリット

通信制高校に転入する5つのメリット

通信制高校にはデメリットもありますが、それを上回るメリットが多くあります。1つずつ見ていきましょう。

メリット1. 学校の選択肢が多い

通信制高校によっては全国から入学できるので、転入先の選択肢が広がります。

通信制には生徒の募集地域によって「狭域通信制」と「広域通信制」の2つに分かれます。

  • 広域通信制:全国、または3つ以上の都道府県から生徒を募集
  • 狭域通信制:特定の地域に限定して生徒を募集

公立は「狭域通信制」が多く、私立は「広域通信制」が多いです。

令和2年4月時点で広域通信制高校は全国に109校あり、そのうち48校は47都道府県から生徒を募集しています

学校の選択肢が多いため、自分に合った高校が見つかるでしょう。

メリット2. 転校しやすい

通信制高校では、50%以上が転入生か編入生。そのため受け入れ態勢が整っており転校しやすいでしょう。

私立への転入は随時行っている場合が多く、自分のタイミングで転入が可能です。

なお、以前の高校で修得した単位や在籍期間も引き継げます。取得単位数によりますが、同級生と同時期の卒業も、不可能ではありません

転入先の学校に「同級生と同じ時期に卒業したい」との希望を伝えると、そのためのスケジュールやカリキュラムを一緒に考えてもらえるでしょう。

メリット3. 自分のペースで勉強できる

全日制高校は時間割が決められていますが、通信制高校は自由に時間割が決められます。

また、全日制は学年末に所定の単位を取らなければ留年し、同じ学年を繰り返さなければなりません。

しかし、通信制高校は「単位制」なので留年がなく、少しずつ学習を進めて単位を修得したい方にも合っています

留年せず4〜5年かけて高校を卒業することもできるので、学習進度が不安な方も安心でしょう。

メリット4. 多彩なカリキュラムがある

通信制高校には、専門コースを提供する学校があります。

check専門コースの例

  • ビジネス・起業
  • 美容
  • 調理
  • 声優
  • アニメ
  • eスポーツ
  • プログラミング
  • スポーツ

興味があることを学べたり、経験できたりするので学校生活がより充実するでしょう。

また、高校生のうちから専門性や資格が身につけられるため、社会に出てからもすぐに活躍できるかもしれません

メリット5. 登校が少なく、自由な時間が多い

通信制高校は登校が少ないので自由な時間が取りやすく、受験勉強、アルバイト、趣味などにたっぷり時間が使えます。

やりたいことがある人は、積極的に動けば多くの経験が積めるでしょう。

まだ将来のことが決まっていない人も、進路について考える時間が取れることはメリットです。

転入を後悔しない3つのコツ

転入を後悔しない3つのコツ

「通信制高校に転入すると後悔するかも」と決心がつかない人もいるでしょう。

後悔しないために今できることは「考えぬくこと」と「行動すること」です。詳しく見ていきましょう。

コツ1. 転入する理由を明確にする

通信制高校へ転入する理由を明確にし、説明できるようにしておきましょう。

保護者や先生に話すときに、「なぜ全日制高校や定時制高校ではなく、通信制なのか」と必ず聞かれるでしょう。

そのときに理由と目的を話せれば、中途半端な気持ちではなく強い決意があるとわかってもらえます

また、転入先で壁にぶつかることもあるかもしれません。転校した理由や目的を思い出せば、初心に帰れ、再び頑張れるモチベーションになります。

時間をかけてじっくり考えてみましょう。

コツ2. 転入先を徹底的に調べる

通信制高校は数が多く、学校によって特徴がそれぞれ異なります。

そのため、徹底的に情報収集をして、自分に合った通信制を選ぶことが大切です。

check調べるポイント

  • 入学時期
  • 学べるカリキュラム
  • 学費
  • スクーリング(通学)の回数
  • サポート体制

ライフスタイルや卒業後のことを見据えて、学校を比較しましょう。

また、インターネット上で調べるだけでなく、保護者と学校見学に行くこともおすすめします。

実際の雰囲気や生徒の様子を見ることで、学校生活をイメージでき、転入後のギャップを防げるでしょう。

コツ3. 自分の気持ちに正直になる

保護者や先生に転入を反対されるかもしれません。しかし、一番大事なのは「自分の気持ち」です。

  • 今の高校が合わない
  • 人間関係がつらい
  • 勉強についていけない

このような理由で転校を考えている人も多いでしょう。人によってはネガティブな理由と捉えるかもしれません。

しかしどんな理由であれ「転校したい」と思う気持ちは本物です。

「行動非行動の法則」という行動経済学の用語をご存じでしょうか。

これは「行動する後悔」より「行動しなかった後悔」のほうが心に残るという現象のことです。

世間体や周りの目を気にして転校しなかったことを後悔するのは、もったいないと思いませんか。

自分で選んだ道に責任を取ることで人は成長できるものです。自分の気持ちを大事にし、はじめの一歩を踏み出してみましょう。

まとめ

通信制高校へ転入すると、交流の場が少ない、自学自習が必要などのデメリットがあります。

ですが、意欲的な姿勢次第で、デメリットもメリットに変えられます。

社会に出ると、自分で決断し行動しなければならないことの連続です。

転入は勇気がいることですが、たくさん悩んで行動した経験は将来必ず役に立つでしょう。

ぜひこの機会を前向きに捉えてみてください。

(デザイン:山本 香織)

【2022年度版】全国から通える!おすすめ通信制高校3選 を読む
​​​​​​​

この記事を書いた人

松下 雅征/Matsushita Masayuki

サイルビジネス学院高等部 学院長

東京都出身。早稲田実業学校高等部を首席卒業後、早稲田大学政治経済学部へ入学。在学中に大学受験相談サービスを立ち上げ、卒業後は教育系上場企業に入社。2020年、コンサルティング会社の才流に入社。経営強化や新規事業開発を担当。2022年、同社初の子会社としてサイルビジネス学院高等部を運営する株式会社サイルビジネス学院を設立し、代表取締役に就任。著書「13歳からの進路ガイド(仮)」を2023年に刊行予定(すばる舎)。
@msykmatsushita

関連記事

サイルの学校案内を見る→