catch-img

「通信制高校に通いたい」と言われた親の気持ち|伝えるべき6つの魅力

記事を読むのにかかる時間 5分


「通信制高校に通いたいって言ったら、親はどんな気持ちだろう」と不安を感じていませんか。

親に話をする前に「なぜ通信制高校に通いたいのか」「通信制高校にはどんな魅力があるのか」を整理しておくと、気持ちが伝わりやすくなります。

 通信制のサイル学院長

本記事では、「通信制高校に通いたい」と言われた親の気持ちを、1児の父であり、通信制のサイル学院高等部 学院長でもある松下が解説していきます。

また、親に伝えたい「通信制高校の魅力」についても紹介するので、参考にしてください。

【通信制高校が気になる方へ】
通信制のキホンと選び方がわかる3点セット
⇒資料請求はこちら(無料)

目次[非表示]

  1. 1.「通信制高校に通いたい」と言われた親の気持ち
  2. 2.親の不安な気持ちを解消する通信制高校の魅力6つ
  3. 3.「通信制高校に通いたい」と親に話す前にやるべきこと
  4. 4.まとめ

「通信制高校に通いたい」と言われた親の気持ち

高校生の9割以上が全日制高校に通っており、通信制高校が一般的な選択とはまだまだ言い難いです。

そのため、通信制高校への通学について「親が心配するかもしれない」と不安に思うかもしれません。

ここでは、親が持ちうる不安な気持ちを解説していきます。

自分で学習を進められるか

通信制高校は自学自習が基本。

自分で計画を立て、レポートと呼ばれる課題を期限までに提出し、テストを受け、単位を修得していきます。

全日制高校のように決められた時間割がないため、自己管理ができるか心配な親もいるでしょう。

通信制高校のレポートは難しい?内容や提出回数などを解説

友達ができるか

一般的な通信制高校は通学回数が少なく、友達と顔を合わせる機会が稀になりがちです。

そのため、友達ができるか心配に思う親もいるかもしれません。

友達がいること、多いことが絶対的な正解ではないです。

しかし、親心として「人と交流してほしい」、「友達を作ってほしい」と感じる人は少なくないでしょう。

学費はどのぐらいかかるのか

親にとって学費は大きな関心ごとです。

しかし、HPを見ても総額が分かりづらいことも多く、「通信制高校に通ったらどれくらいの費用がかかるのだろう」という不安はなかなか解消されません。

通信制高校の学費は高い?公立・私立の費用比較|学費を抑える制度も解説

進学や就職はできるのか

通信制高校の進路未定率(卒業生全体における卒業後の進路が決まっていない割合)は、全日制高校と比べると高いです。

学校
進路未定率

通信制高校(広域)

68.2%

全日制・定時制高校(都立)

9%
※家事手伝い、外国の高校・大学等に入学、進学・就職しない者の割合

出典:文部科学省「高等学校通信教育の現状について」・東京都教育委員会「3 高等学校卒業者(全日制及び定時制)の進路状況」

通信制高校の進学・就職事情にネガティブな印象を持っている親からすると「通信制高校に通いたい」という言葉に不安を感じてしまうでしょう。

【通信制高校が気になる方へ】
通信制のキホンと選び方がわかる3点セット
⇒資料請求はこちら(無料)

親の不安な気持ちを解消する通信制高校の魅力6つ

自分自身の進路なのですから、親に反対されたからといって諦める必要はありません。

とは言え、親には理解してもらい、背中を押して貰える方が良いでしょう。

ここでは、親の不安な気持ちを少しでも解消するために、通信制高校の魅力を6つにまとめました。

「通信制高校に通いたい」と伝える際には、これらの魅力も一緒に伝えてみてください。

魅力1. 個別指導が受けられる

個別指導が受けられる通信制高校があります。

学習に不安があっても、個別指導なら充実した支援が受けられるので安心です。

個別指導が受けられる通信制高校の例
学校名
特徴
サイル学院高等部

月あたり29,800円で、高校卒業の個別指導から進学・就職・起業の進路サポートまで、自宅からオンラインで受けられる

おおぞら高校

午後から通える「個別指導コース」
一人ひとりに学習メニューを作成

つくば開成高校

学習センターで個別指導が受けられる
大学受験、資格試験など個々のニーズを踏まえた計画作成

魅力2. オンラインで質問できる

オンラインでの学習支援が充実している通信制高校も多いです。

家にいながら疑問点を解消でき、学習がはかどります。

オンラインで質問できる通信制高校の例
学校名
特徴

サイル学院高等部

登校日は年1回。普段は100%オンライン通学。高校卒業のレポート指導から就活・起業支援まで、自宅から個別サポートを受けられる

一ツ葉高校

メール・電話・SNSなどで担任に質問できる
単位修得・進路・卒業などについても相談できる

ルネサンス高校

1回60分のオンライン個別指導
小・中学校の学び直しにも対応

魅力3. カウンセラーに相談できる

カウンセラーに相談ができる通信制高校もあります。

普段の生活や学習、進路に関する不安を話せる場があると、心の健康を保ちながら学校生活を送れます。

カウンセラーに相談できる通信制高校の例
学校名
特徴
飛鳥未来きずな高校

全担任が「不登校対応カウンセリング基礎・非行対応カウンセリング基礎」の資格保有
悩みや問題を相談できるスクールアドバイザーも配置

ID学園高校

対面・電話でスクールカウンセラーに相談できる
を生徒・保護者が利用できる

ルネサンス高校

東京・大阪・愛知(名古屋・豊田)の3か所にカウンセリングルームを設置
東京のカウンセリングルームにはコーチングの先生が在職。夢や目標の見つける手助けをしてもらえる

魅力4. 親向けの情報提供がある

定期的に親向けの情報を発信してくれる通信制高校もあります。

他にも、オンライン上で親が学習進捗や成績、連絡事項を確認できたり、親同士が交流できる場を設けていたりする学校も。

学校生活に不安を覚える親も、密に連絡を取ってくれる学校なら安心できるでしょう。

親向けの情報提供がある通信制高校の例
学校名
特徴
第一学院高校

学習管理システムでレポートの進捗を確認・担任への連絡ができる
親同士の交流会を実施

星槎国際高校

定期的に保護者会、保護者面談を実施
電話連絡を随時行っている

YMCA学院高校

学習状況を定期的に郵送で報告
コミュニケーションツールを通して、保護者が担任に連絡できる
親同士の交流会を実施

魅力5. キャリア支援が充実している

進路情報の提供、キャリア教育、進路指導教員のサポートなど、キャリア支援が充実した通信制高校もあります。

また、専門コースで知識・技術を身に着けたり、資格が取れたりする学校も。

目的意識が明確なら、通信制高校に通いたいという気持ちを親に理解してもらえるでしょう。

キャリア支援が充実している通信制高校の例
学校名
特徴

サイル学院高等部

社会で活躍する先輩と対話できる「課外授業」

キャリアの専門家から進路について学べる「ライブ型授業」

NHK学園高校

オンラインで進路情報を発信
週に1回、進路相談会を開催(あすなろカフェ)
ハローワークと連携した進路ガイダンス

ヒューマンキャンパス高校

40分野、100職種に対応した専門教育が学べる
NTTドコモやベネッセなど有名企業による配信型授業
進学・就職について相談できる「キャリア相談室」

魅力6. 大学進学も目指せる

大学受験コースがある通信制高校も。

受験に特化した学習支援を受ければ、大学進学も目指せます。

また、予備校と連携して受験ノウハウを学べたり、指定校推薦枠を保有していたりする学校もあります。

大学進学も目指せる通信制高校の例
学校名
特徴

サイル学院高等部

優秀な講師陣が志望校合格を個別サポートする「オンライン個別指導塾」

提携校が持つ全国350校以上の「指定校推薦」

4か国100校以上の「海外大学協定校推薦」​​​​​​​

わせがく高校
早稲田予備校の授業料免除(全日型のみ) タブレットで予備校の授業を視聴できる
トライ式高等学校
大学受験に特化した「特進科」 オーダーメイドカリキュラムの作成 難関大受験の専門スタッフに相談できる

【通信制高校が気になる方へ】
通信制のキホンと選び方がわかる3点セット
⇒資料請求はこちら(無料)

「通信制高校に通いたい」と親に話す前にやるべきこと

親に気持ちを伝える際には、自分自身の言葉で話せるようにしましょう。

うまく自分の気持ちを伝えるには、前もって準備が必要です。

最後にどういった準備をしておくとよいか、お話します。

通信制高校の情報収集

自分が通いたい通信制高校を前もって決めておき、親に具体的な説明ができるよう情報を集めましょう。

学校の資料やHPなどを読めば、特徴、メリットやデメリット、サポート体制などについて理解できます。

また、私立の通信制高校は、公立よりも学費が高額です。そのため、年間にかかる費用をしっかり調べておきましょう。

ただし、国の就学支援金、自治体や民間団体の奨学金などの制度を利用することで、学費は大幅に軽減できます。

この点も一緒に伝えることで、学費に対する不安を軽減できるでしょう。

通信制高校の学費を抑える制度について

通信制高校に通いたい理由をまとめる

その学校に進学する理由やメリットを明確に伝えられるよう、まとめましょう。

check理由の例

  • 学びたい専門科目がある
  • 自分のペースで生活が送れる通学スタイル
  • 自分に合った学習サポートがある など

「なぜ通いたいか」を整理して伝えれば、受け入れてもらいやすくなるでしょう。

親の不安をどう解消するかを考える

親が持つであろう不安な点について、具体的な回答や解決策を用意しておきましょう。

check不安に対する解決策の例

  • 友達ができるか:学校行事やクラブ活動など交流の場があることを伝える
  • 自分で勉強ができるか:個別カリキュラム作成、個別指導などの学習支援について伝える
  • 進学できるか:その学校の合格実績を提示、進学支援の内容について伝える

親の不安に真剣に向き合い、解決策を共有すると、通信制高校に通うのは前向きな選択だと思ってもらえるでしょう。

転校は甘え?転校のメリットや手続き、親の説得方法を解説

まとめ

「通信制高校に通いたい」と親に伝えると、もしかしたら反対されるかもしれません。

多くの場合、あなたの将来を心配しているからこそ、親は不安に思うのです。

まずは、自分自身の「通信制高校に通いたい」という気持ちを深掘りすること、そして自分で公式サイトを見たり、資料請求をしたりして情報を集め、自分の決定に後悔がないようにしましょう。

【通信制高校が気になる方へ】
自宅から徒歩0分!充実サポートなのに学費が安い通信制のサイル学院
​​​​​​​⇒資料請求はこちら(無料)
​​​​​​​※未成年の方・生徒ご本人も請求いただけます。資料請求後の営業電話はありません。


プライバシーポリシーをお読みのうえ、同意して送信してください。

この記事を書いた人

松下 雅征/Matsushita Masayuki

サイル学院中等部・高等部 学院長

1993年生まれ、福岡市在住。学生時代は早稲田実業学校高等部を首席卒業。米国留学後、早稲田大学政治経済学部を卒業。やりたいことではなく偏差値で進路を選び後悔した経験から、大学在学中に受験相談サービスを立ち上げ。中高生からの相談数は7万件以上。大学卒業後は教育系上場企業とコンサルティング会社の才流で勤務。
2022年、株式会社サイルビジネス学院を設立し、代表取締役に就任。一人ひとりが自分にあった進路を選べる社会を目指して通信制オンラインスクール「サイル学院高等部」を創立。2023年、同校の中等部を創立。著書「13歳からの進路相談」(すばる舎)。進路選択をテーマにした講演・イベントの登壇実績多数。1児の父。
@msykmatsushita

関連記事